【本数限定販売】喜多屋「大吟醸 極醸 喜多屋 720ml」
【本数限定販売】喜多屋「大吟醸 極醸 喜多屋 720ml」

【本数限定販売】喜多屋「大吟醸 極醸 喜多屋 720ml」

江戸創業。福岡県八女にある日本酒の蔵元「喜多屋」より、極上の逸品を紹介します。

IWC2013日本酒部門583銘柄でナンバーワン
第1位「チャンピオン・サケ」を受賞

世界最難関のワイン資格であるマスター・オブ・ワイン保持者の舌をうならせた「大吟醸 極醸 喜多屋」の芳醇な味わいとフルーティーな香りは、喜多屋の数あるお酒の中でも秀逸。
口に含むと、ふわりと柔らかく、とにかくなめらか。蔵人たちの酒造りへの情熱が垣間見えます。

 
  • 原料米:山田錦100% 35%磨き
  • アルコール分:16度以上17度未満
  • 期間限定の寒仕込み
  • 贅沢なしずく搾
  • 化粧箱入り
  大吟醸 極醸 喜多屋
  【ご案内】
  • ・法令により未成年者へのお酒の販売は禁止されています。
    購入される方は、注文画面の「送付先入力」画面にて年齢確認の入力をお願い致します。
価格 : 5,166円(税込)
数量
 
  • IWC2013日本酒部門583銘柄でナンバーワン 第1位「チャンピオン・サケ」を受賞

    喜多屋を代表する酒「大吟醸 極醸 喜多屋」は、世界最高峰の権威のある競技会、IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2013日本酒部門で、583銘柄の頂点「チャンピオン・サケ」に輝きました。 IWC責任者のサム・ハロップ氏は「口に入れると 始めは甘みを、後からものすごく柔らかく優しい酸味が加わり、最後にほのかなオレンジやレモンの皮の苦みが締めくくる」と感想を述べ、その上でハロップ氏は「エキゾチックでモダン、それでいて見事な芳醇さと透明感を秘めた酒」と絶賛しました。

  • 喜多屋

    九州一の穀倉地帯筑紫平野の南部、山紫水明の八女市に文政年間(1818〜1830)に屋号「喜多屋」で創業。
    「喜多屋」とは、創業の際「酒を通して多くの喜びを伝えたい」との志のもと名づけられたもので、今日まで企業理念の根幹となっています。一貫して大吟醸酒・純米酒等の特定名称酒を始めとする日本酒の酒質向上に力を注ぎ、海外への輸出も平成8年から米国に始まり現在17カ国に。
    平成23年に米国で純米大吟醸 寒山水がサンフランシスコ・インターナショナル・ワインコンペティションで最高位ダブルゴールドを受賞。平成25年にはロンドンで開催のIWCで大吟醸 極醸 喜多屋が世界一チャンピオン・サケを受賞しています。